日本競馬史上初の五冠馬至高の名馬シンザンの生涯

shinzan

シンザンの誕生 北海道浦河町の松橋吉松氏が営む松橋牧場で1961年4月2日父ヒンドスタン、母ハヤノボリの子として生まれた。 シンザンが生まれた時は、牝馬かと思うほど小さな馬であり、血統名を松風と付けられた。 生後1ケ月で調教師武田文吾にその素質を見いだされ、秋に育成のため荻伏牧場に移されました。 シンザンの現役時代 武田厩舎に入厩したシンザンですが、当時の武田厩舎は70頭近く預かっておりシンザンは入厩当初、武田の評価は高くなくそれほどの期待はされていなかった。 武田厩舎の期待の星はオンワードセカンド【母は二冠馬(桜花賞・オークス)ミスオンワード】でした。 シンザンへの期待は、武田厩舎ないでは、高くはありませんでした。 武田はシンザンが4連勝をしたあとも、オンワードセカンドのほうが上だという気持ちは変わらず、スプリングステークス戦の前に栗田勝騎手が、シンザンへの騎乗を希望したが止めるように言い続けていた。 3月にスプリンターズステークスにシンザンが優勝すると武田も改めて,シンザンに詫びたと言われています。 シンザン3歳(1963年) 最初からシンザンをただものではないと認めていたのは栗田勝騎手(武田調教師の娘婿)シンザンのほとんどのレースに騎乗することになる。 3歳新馬戦より3連勝。 シンザン4歳(1964年) 1月にオープン戦に優勝し4連勝、しかしここまでのレースは一線級の馬との競争を回避したものであったため、皐月賞の前に東京競馬場で開催されるスプリングステークスにシンザンの力を見極めるために出走させることにした。 シンザンの右の後脚の爪から出血しているのを発見、原因は後脚と前脚の接触にあり武田が対策を考えた。 試行錯誤の末、後脚にスリッパのようなカバーを装着して後脚を守り、前脚の蹄鉄にはシンザン鉄と呼ばれる強度を増した蹄鉄を使用することで解決した。 この蹄鉄は通常の2倍の重量があり、シンザンが調教時は走らなかったが、この蹄鉄のおかげで反対に足腰が鍛えられたといわれています。 競走時は通常の蹄鉄を使用していました。 スプリングステークスでは一線級の馬が出走し、シンザンの人気は出走14頭中6番人気でしたが、見事優勝します。 皐月賞では単勝1番人気で、2着馬のアスカに3/4馬身差で優勝し6連勝でまず1冠目を取りました。 東京優駿(日本ダービー)の前にオープン競走に出走させることになりましたが、ここで初の2着に敗れてしまった。 東京優駿では一番人気になり最後の直線でウメノチカラに交わされましたが、再び差し返し1馬身1/4で二冠目を手に入れました。 次の目標、菊花賞へ向け避暑に北海道へ行くこともなく京都競馬場で調整することになりました。 しかしこの年の京都は40年ぶりの猛暑で、シンザンは7月に重度の夏負けにかかってしまった。 扇風機や氷柱をを吊るすなどの対策をしようやく8月下旬に体温は戻りましたが、調子は上がらず10月まで調教はできず、その後もシンザンの調子は不調で、オープン戦・京都杯にも2着と敗れてしまいました。 11月に入りシンザンの体調は上向きましたが、前2レースでの敗北によりファンの体調に関する疑念から、ウメノチカラに1番人気を譲り2番人気でした。 レースはカネケヤキの大逃げ(20馬身)で大差がつきましたが、最後の直線で一気に追い上げ2着に2馬身1/2の差をつけて優勝しました。 戦後初23年ぶりセントライト以来日本競馬史上2頭目の三冠馬になりました。 三冠を達成した後、シンザンの疲労もあり翌年の5月まで休養することになります。 […]

第一次競馬ブームの立役者・国民的アイドルホース、ハイセイコー

haiseiko

ハイセイコーの誕生 1970年3月6日北海道日高支庁新冠町の武田隆雄牧場で父チャイナロック、母ハイユウで誕生しました。 生まれた時から他の仔馬と比べても馬体が非常に大きく、他馬と走ってもいつも先頭を切って走っていました。 ハイセイコーは母ハイユウを所有する馬主の(株)王優所属で大井競馬場の調教師伊藤正美に調教されることになりました。 騎手の高橋三郎によるとこのときにすでにハイセイコーの馬体は他の馬と比べて大人と子供ほど大きさが異なっていたそうです。 競走馬としてのハイセイコー 1972年7月12日大井競馬場、見出走戦でダート1000mでコースレコードの59秒4で走り華々しいデビューを飾った。(2着馬に8馬身の差) その後の大井競馬場での戦績は6連勝いずれも2着馬に7馬身以上の差をつけての勝利でした。 ハイセイコー中央競馬へ移籍 1973年1月12日5000万円でホースマンクラブに譲渡。 ハイセイコーは東京競馬場の鈴木勝太郎厩舎に入った。 ハイセイコーの中央競馬移籍初戦は弥生賞でした。 当日、中山競馬場は約12万人越えの観客が入りハイセイコーの人気はすごいものがありました。 レースが始まると調教の時とは違い、走りそうな感じがせず終始増沢騎手に前進を促され2着に1馬身3/4の差をつけて勝はしたものの、陣営に不安を与えた。 次のスプリングステークスでも勝はたしたものの、納得のいくものでは無かった。 ハイセイコーは本番のレースでハミを噛んで騎手のいうことをきかない。 鈴木調教師はその対処としてハミ吊りを取り付けることにした。 1973年4月15日皐月賞に出走。 当日は雨で中山競馬場の馬場は、重になった。 ハイセイコーが芝の重馬場を経験するのは初めてで心配されたが、積極的な戦法で優勝した。 地方競馬出身のハイセイコーがクラシック三冠競走の皐月賞に勝ったことは、中央競馬史上初の事でした。 皐月賞に優勝したハイセイコーの人気は頂点に達した。 次の目標である日本ダービーですが、ハイセイコーは東京競馬場の経験がないため、まずNHK杯に出走させることに決まった。 5月6日東京競馬場の入場者数は約17万人近くになり中央競馬史上最多の入場者数でした。 このレースでは終始インコースに閉じ込められたが、残り200mでスパートをし頭の差で優勝した。 5月27日東京ダービー当日、競馬場には観客13万人、ハイセイコーの単勝はダービー史上最高のものであった。 レースでハイセイコーは残り400Mで先頭に立ったが、失速しタケホープ、イチフジイサミに抜かれ3着に終わった。 しかしハイセイコーの人気は、この敗戦で衰えることはなかった。 10月21日の京都新聞杯は2着に終わった。 11月11日菊花賞当日あいかわらずハイセイコーは、単勝1番人気であったが写真は判定でハナ差でタケホープに敗れた。 […]